10回連続レッスンを受けて下さった生徒さん(30代女性/ピアノ講師)の感想です。

 

 アレクサンダー・テクニークの本を読み、いつかレッスンを受けてみたいと思っていました。言葉から伝わってくるものも多くありましたが、実際にレッスンを受けると全然違うと、書いてあったからです。

 

 レッスンを受けてみて、その通りだったと納得しました。そして、連続して受講する意味も実感しました。

 

 実際に先生の動きを目にすること、自分のベストな状態を知ること、何より、先生とお話をしていく中で、ストンと自分の中に落ちていったものは、自分の意識を変化させてくれるのです!それは1人では出来ないことです。

 

 実際の体の使い方や考えるきっかけになる言葉などによって、新しい視点、新しい感覚の体験に繋がって、「変わることができる」「前進している」という自信にも繋がってきたように思います。

 

 また、このようなレッスンは、自分の内面に通じることを扱うので、緊張しがちですが、先生の前でお話していると、いつの間にか体と気持ちもゆったりとしてきて、また、体に触れて頂くときには、心地よい感覚で、レッスンからの帰りは、軽快になっている自分に気がつくこともしばしばでした。

 

 日常に追われてしまうと、まだまだ目の前のことに反応しすぎてしまいますが、レッスンに通うことで、このテクニークへの意識が少しずつ浸透してきて、”気づき”の瞬間が増えてきています。それがさらに定着すると、どのような世界が広がるのか?道のりは遠そうですが、楽しみです。

 

 日常にも、子供との関わりにも、楽器演奏にも良い変化が生まれつつあるので、これからも、続けてみたいと思います。

 

>>受講者の声に戻る