10回連続レッスンを受けて下さった生徒さん(30代女性/会社員)の感想です。

 

「毎回レッスンの始めには、前回のレッスン後に どうだったかを先生と話しましたが、その度に身体だけでなく、精神面でもあらゆるところでレッスンが活かせているなあと感じることができました。

日常生活でこれから活かせていけそうなのは、「気付く」という点かもしれません。気付いてもそのままになってしまうこともよくありますが・・・。

 

 また、先生とは初対面で1対1のため、普通はなんとも言えない間というか、緊張感があると思うのですが、それがなかったことが印象的です。例えば先生が触れる時にもすごく安心感というか自然な感じがあり、今思うと身を委ねることができていたのだと思います。また、トップジョイントなどわからない点は何度も繰り返し質問して教えて頂きました。

 

 アレクサンダーテクニークは何かをすることでなくてやめることとのことですが、今回のレッスンを受けて感じたのは、やりすぎているのは身体だけでなく、 心配事 など精神的エネルギーも使いすぎていたということです。物事がスムーズに行かないとか、思うように行かないという自分ではどうにもならないようなことも、もしかすると知らぬ間に自分がそう働きかけているのが原因の場合もあるのかな、と感じました。

レッスンを受けて、そういった自分の精神的、身体的な癖がこんなにも手に取るようにわかったのが不思議なのと喜びで、今回の10回だけでも私にとっては本当に人生が変わる経験でした。

 

 歳を重ねるごとに図太くはなりつつも、小さい頃から結構生きるのがつらいなぁと感じでいたのですが、レッスンを受けてみて、生きるということに対する姿勢の変化に本当に驚いています。身体を使った言葉の表現はたくさんありますが、地に足が着くとか及び腰とか、そういうものは本当にその通りなんだなあと思いました。今まで特に表面上は支障なく日常生活を送ってきましたが、何事もフィットしていない感触があって、(例えば物を持つこと、立つこと、作業をすること、楽器を演奏すること、組織への所属など・・・)それが収まっている感がとてもあります。また、仕事でも 何でも、物事に対して正面から取り組めるようになったと思いますし、仕事も自分の役割なんだと受け入れてやっている感じがしています。

 

 30数年間、暗中模索しながら生きてきた部分があると 思うのですが、偶然にも宝物を見つけたような、そんな感じです。以前は疲れると出ることが多かっためまいもなく、忙しい日々も毎朝ちゃんと起きられることにびっくりしています。また、他の人のこともより客観的に見られるようになったなあと感じています。

 

>>受講者の声に戻る