10回連続レッスンを受けて下さった生徒さん(40代女性/パート勤務)の感想です。

(インタビュー形式になっています。)

 

【どのようなきっかけでアレクサンダーテクニークのレッスンを受けましたか?】

 

アレクサンダーテクニークについては、ずいぶん前に歌手の鈴木重子さんが実践されているということを雑誌で読んで知りました。

その時から興味はあったのですが、当時は肩こりや疲れやすさはあったものの、それが当たり前になりすぎていて特に改善すべきこととは思わなかったし、なんとなくそれは俳優や音楽家などの方のためのもの、というイメージもあり、私のような普通の生活をしている人間がレッスンを受けていいものなのか分からず気が引けていました。

しかしその興味が消えることはなく、やっぱりレッスンを受けてみたいな、、、と思っていろいろ調べているうちに伊達先生のHPを見つけ、その内容がとても丁寧で分かりやすく共感できる部分がたくさんあったので、思い切ってレッスンを受けてみることにしました。

 

【レッスンを受けてみて、どのような変化を体験しましたか?】

 

自分ではまったく気がつかなかった腕の向きのクセが判明し、それに伴って肩甲骨のあたりの緊張にも気づき、それを改善することで肩こりがだいぶ良くなりました。それと姿勢も変化し、見た目の印象も変わったと思います。

あとは、もともとせっかちだったのですが、自分自身に注意を向けることで無駄にあわてることが少なくなりました。

 

【レッスンを受ける前と後では、自分の生活、人生がどのように変わったかを教えて下さい】

 

以前は、普段自分の身体をほとんど実感することもなく、心身の緊張にもあまり気がつかないでいたように思います。そして物事をネガティブに捉えがちでした。

例えば家事や仕事で疲れがたまってきたとき、その疲れを無視したり、疲れている自分を責めたり、まだ残っている仕事のことを考えて気が重くなったりして、ますます疲れていました。

でもレッスンを通して「自分の身体を知覚すること」「その身体の中でラクな部分を意識すること」「刺激に対して自分で反応を選ぶこと」などを学んでいく中で、少しずつ自分の感覚や自分自身を信頼できるようになり、不安定な気持ちになることが少なくなりました。とはいえ急にポジティブになるわけではなく、自分を肯定も否定もせず客観的に見ることができる、という感じです。そのフラットな感じが私には新鮮でした。

もちろんいつでも客観的でいられるわけでもなく、時には何かを失敗して落ち込んだりすることもありますが、そのことをいつまでも引きずることはなくなりました。その切り替えの早さには自分でも驚いています。

 

講師の教え方、レッスンの内容などで印象に残っている点があれば教えて下さい】

10回のレッスンで伊達先生にはとても大事なことを教えていただきましたが、そのレッスンには押しつけがましさがまったくなかったことが印象的です。

私の話もしっかり聞いてくださるのでとても安心できたし、話をしながら改めて気づくこともありましたが、それは先生がうまく気づかせてくれたようにも思います。

どんなに些細なこともしっかりと受け止めてくださるので、ほんの小さな出来事だと思っていたことが、先生と会話をするうちに私の中で大きな気づきになったりもしました。

あとは、先生ご自身の体験のお話もされながらのレッスンだったのでとても説得力がありました。

 

【レッスンを受けようか迷っている方へのアドバイスがあれば、お願いします】

 

アレクサンダーテクニークによって自分自身を観察し、知ることは、簡単なこととは言えませんが、とても奥深くて楽しいことです。楽しみながら身につけたことは、たぶん一生いろいろな場面で役に立つと思います。

レッスン場所の鷹の台も気持ちの良い所でおすすめです。