8回連続レッスンを受けて下さった生徒さん(40代女性/医療関係従事者)の感想です。

 

 子供の頃からあがり症で、長じてからは社会不安障害や月経時痛、偏頭痛に悩まされていました。そのため鍼灸や座禅などを始め、それによっていかに心と身体の緊張が強いかを認識することができ、ある程度状態も軽快して行きました。

 

 しかし、鍼灸ではその時軽快しても次の治療までに戻ってしまい、座禅では緊張に気付いてもそれをどうすることもできず力で坐って結局苦しくなってしまうので、どうしたものかと悩んでいたところ、瞑想仲間から「アレクサンダー」のことを教えてもらいました。その方も同様の悩みを持っておられたので、指導して下さる先生を探したところ、丁度近場に伊達先生がいらしたため、事前の勉強もしないまま早速飛び込んだ次第です。

 

 元来のあがり症ですから、正直ビクビクしていましたが、先生がとてもソフトで丁寧に説明して下さり、ホッとしたのが第一印象です。安心したのと近いこともあり、毎週通わせて頂くことにしましたが、レッスンを通し身体の使い方の不自然さや身体もさることながら心の癖も、よりクリアに浮き彫りになり、自分自身を無視してきた結果、そのサインとして今の痛みや苦しみが出てくるのも当然だと納得しました。

 

 とはいえ、何十年もついてきたパターンはなかなか変わるものではなく、加えて思考の無駄な回転が異常に早いので、せっかく教えて頂いたことも抜けていることが多いのが現状です。

 

 それでも、連続レッスンを受け終わる頃にはポイントがわかり、普段の生活の中で以前は見過ごしていた緊張を多少はキャッチできるようになり、そこで力むのを止める瞬間も出て来ています。

 

 こうやってメールに向かっていても、いつの間にか肩が張り、食い入るように画面をみています。そのまま続行していたのが、一瞬でもその連続を断てるようになったのは凄い変化です。

 

「急がなければ!」「早く結果を出そう!」「何とか苦しみを排除するぞ!」と掴み、激しく抵抗するのも私の癖です。先生の優しさと根気強さに甘えているのは承知の上ですが、これからも先生の鋭い観察眼でアドバイスを頂きながら繰り返し繰り返し、そして焦らず新しい発見をするつもりで続けて行けば、結果は後からついてくると思っています。ありがとうございます。

 

>>受講者の声に戻る