【10回連続レッスンを受けてくださった方の感想です。】

 

<50代男性/会社役員>

 

大学時代に本格的に空手を始め、黒帯を取得した後から次第に疑問視する事が出始めました。それは、体の使い方が運動的であり武道の面白みである『柔よく剛を制す』という体の使い方が全く出来ない事に疑問を抱くようになってきました。その事を解消する為に、古武術、中国拳法等のいろいろな武道を経験してきましたが、答えが得られなかった為に、違う観点からという事で体を使う基本的なボディワークのレッスンを始めました。

 

その時にアレクサンダーテクニークに出会い、いろいろな教師の方にご指導を頂きましたが、答えが得られず、フェルデンクライス等のボディワークも試みましたが、それでも答えを得る事が出来ませんでした。それは、先生が実際に体に触れて誘導し体に認識させる指導法で、自己トレーニング出来ない事に満足出来なかった為でした。その後、改めて再度いろいろな武術の先生にご指導を頂きましたが、やはり自分の思いにかなわず、再度アレクサンダーテクニークの教師のホームページを検索した時に、伊達アキ先生のホームページに出会いました。

 

その中の『ミオ・モラレス氏との出会い』の記述に興味がわき2017年8月26日に個人レッスンの申し込みをさせて頂きました。個人レッスンでは、エチュード「MJ」、「サイクル」とその他いろいろなバージョンのエチュードのご指導を頂きながら自分の心身の変化を楽しませて頂きました。

 

*「首が全ての動きを支配する!」

*「動く」前に「考える」ことが大切!

*「刺激→考える→動く」

 

 という基本的な思考から

 

「How easy is my neck?=「私の首はどれくらい楽だろうか?」 

 

という、この言葉の投げかけを心身に施すだけで、という方が適切だと思います。

 

先生は最初にいつも私の気づきを聞かれ、その事に照らしあわされて実際に先生ご自身が体験された心身の気づきをお話されるのでわたしの気づきが深まります。このレッスンは、とにかくエチュードを実際に実行していくと、自分の意識とは関係なく勝手に自然に変化が伴っていくので、自分を信じて実践していく事だと思います。