10年間のトレーニング

 私が通っていた学校では、フルタイムで集中的に学べば、約4年で卒業資格を取得できるのが通常です。しかし、私の場合はトレーニングコースに入ってから、2人の子供を出産し、子育てと並行して少しずつトレーニングを進めたため、卒業までに10年の月日を要しました。10年の間には、子連れで学校に通った時期もありましたし、また、数年間は全く通えない時期もありました。

 

  日々生活をしていると、私たちには色々な刺激がやってきます。動作に関して言えば、立つ、座る、子供を抱く、家事をする、パソコンのキーボードを打つ、などもその一つ一つが刺激です。また、育児疲れ、人間関係に関するトラブル、病気・・・・など、ネガティブなストレスも大きな刺激となります。しかし、私は時には「意識的に」、また時には「無意識的に」アレクサンダーのアイデアを使うことで、学校に行けない時期でも、このワークを使いながら生活していました。

 

「アレクサンダー・テクニークのアイデアを使いながら生活する」とは、具体的にはどういうことでしょうか?これに関してはいろいろな解釈があると思いますが、私の場合は、何かをやっている時の自分を、できるだけ客観的に観察し、古い習慣に戻りそうになったり、戻っていることに気付いたりしたら、「首には、自分全体を支配する大事なコントロールがあるということ」を思い出す、ということでした。つまり、アレクサンダー氏の発見である、「プライマリーコントロール」のことです。

 

 教師になるためには、まず教えている時に自分のコンディションを整えるということを学びます。相手に何か教えるとしても、まずは「自分の面倒を見る」というトレーニングをするのです。つまり、「生徒さんと相対しながら」も、同時に「自分の面倒を見る」という「二つのことを同時に行う」ことができなければ、教える立場にはなれないということなのです。

 

 最初は、「ティーチングの練習をしたいです」と言うだけで緊張し、自分の使い方をすっかり忘れてしまいます。そうすると、すぐに先生には見破られてしまい、そこで止められてしまいます。そして、教え始めようとするその段階ですでに自分の使い方に意識的でなければいけないということを学びます。そして、教え始めた後も、その自分への気づきをずっと持ち続けるということを学びます。そうやって、教えている間中、ずっと自分の面倒を見つつ、生徒さんとレッスンをしていくという「同時に二つのことをする」練習をしていくわけです。

 

 この練習をし始めてから、特に「同時に二つのことをする」「何かをやっている自分を同時に別の自分が観察している状態」ということがあり得るのだ、ということがわかり始めました。つまり、何かをしている最中でも、ある一定の意識の持ちかたをしていれば、習慣に入ることなく、体も心も緊張せずにやりたいことができるのだということが分かってきたのです。

 

 そのことが分かるようになって以来、日常生活の中でも、何かをやっている自分に意識的になり、習慣を抑制することができるようになり、どんどんと気付きが増えていきました。そして、その頃から、いろいろなことが変わり始めました。他人との関係であったり、刺激に対する反応の仕方であったり。「あれ、私ってもっと悩む体質じゃなかったっけ?」「どうして、このようなヘビーな状態からこんなに簡単に抜けてきたんだろう?」「今できたことって、昔の私には到底できなかったことだよね?」というような印象を受けるようなことがたくさん起こり始めました。

 

 そのような体験から、アレクサンダー・テクニークは自分が楽に生きて行くためには欠かせないものとなり、自分と同じような悩みや問題を抱えている人にも役に立つのではないかと、強く思い始めました。

 

 私が意識的に実践していたのは主に、「日常の中で、自分に具体的にどのような瞬間に、どのような意識を向けていくのか」ということでした。そして、そのような実践が、自分の変化を促してきたということが、だんだんと実感されるようになっていったのです。通っていた学校では、自分のやりたいアクティビティーをして、先生から手で触れてもらったり、体の仕組みに関する解剖学的なアドバイスを受けたりすることが主な学習内容でしたが、実際に自分に起きている変化は、クラスには参加していない日常に、その鍵があるような気がしていました。

 

 前に戻る<<< >>>続きを読む